二次会で飲まないのには深い訳がある

二次会で飲まれる飲み物

折角のお酒の席なのに二次会でも全く飲まないって人が1人や2人いるはずです。飲まない人の言い分を聞いてみると納得させられた物も多く飲まないには飲まないなりの理由が見出してきました。

そんな理由の一部をご紹介していきましょう。

「お酒を飲めない体質」

飲みの席は嫌いではないのだがお酒自体は飲みたくても飲めず、飲めたとしても直ぐに酔ってしまう下戸な体質が多くを締めていました。

下戸ならば仕方ないねと諦めてくれる人が多いですが中には無理にでも飲ませようとする面倒くさい(失礼)人も出てくるのが玉に瑕でそちらの対処が大変との声も出ました。

「料理を楽しみたいから」

お酒のつまみや料理も滅多に食べれないのも多くお酒は何時でも味わえるが料理はそう簡単にいかないからここはお酒を飲むは止めて料理の味を楽しむのに専念すると答えた人も出てきました。

二次会で出される料理もシェフや料理人が腕によりをかけて作ったのだからそっちも頂きたいですからね。これと関連ある理由として「お酒が入ると味が分かりにくくなる」とありアルコールが入っては料理本来の味が分かりにくくなり料理を楽しみたいならお酒は我慢する人が出てきても不思議じゃありませんね。

「翌日の行動に影響が出るから」

自制の出来る人は「これ以上飲むと不味い」と判断し二次会ではお酒を控える人もいます。社会人になると翌日は仕事だったりする事は珍しくないので極力支障を来たさない様にお酒を抑えていても不思議じゃないですね。

「これ以上飲むと体の方が危ないから」

同じく自制できる人でもこちらは健康面的な理由でこれ以上は飲まないと飲酒拒否する人もいます。お酒も飲みすぎると急性アルコール中毒で亡くなる恐れもあるので自身の体の事を考えると良い判断とも言えます。

加減を考えずに飲むと危険ですからね…

「良い反面教師がいるから飲まない」

どういうこと?とお思いかもしれませんがこちらはお酒を飲んだは良いけどまともに思考判断や受け答えも出来ない程酔いつぶれて他人に迷惑かけたり絡んできたりする行動を起こすのが嫌で「あぁはなりたくない」と自制も兼ねて飲まないと決めている人もいます。

言われてみれば確かに絡んでくると面倒ですよね…今回はこの様な意見が集まりましたがどうでしょうか?納得できましたか?飲まない人にも言い分はあり考えさせられる物ばかりでした…上手く折り合いつけて二次会を楽しみたい物ですね。